和色

今日お店に来る途中、あちこちでツツジの花が多く咲いていました。

つつじの花の色を見るとなんとなく「はまなす色」をイメージします。

「はまなす色」は僕がアシスタント時代、お店で頻繁に出ていたヘアカラー剤の色名の一つ。

そのカラー剤は和式の色名を採用していて、「檜皮色」とか「憲法色」とか。

仕事でカラーの色名を覚えさせられた最初の時期にこの和色名でのインプットが多かったので今でも

「この銀鼠色 渋いな」とか「梔子色 キレイだな」とか、あります。

最近は和色のほうが呼び名が細分化されていて曖昧な色味も伝わりやすいからなのかなとも思います。

 

ですが人前では時代感が昭和すらも飛び越えているのであまり出ないように気をつけています。

 

「今日はカラーこの色にしてください」

「海老茶か~」

 

イトウ