持ち上げ

12月にもなると段々と寒く感じる日が増えてきます。

寒くなると恋しくなるのが風呂の熱さと便座の熱さ と申します。

お店では冬期に入るとシャンプー台の設定温度を1ランクアップさせます。

先日お客様に美容室でシャンプーをしている最中、頭を自分で持ち上げたほうがいいのか、力を抜いていて美容師に持ち上げてもらったほうがいいのか、聞かれました。

その方はいつもは自分で持ち上げているのですが、テレビで持ち上げない人が多い とやっていて驚かれたそうです。

僕は基本どちらでも大丈夫です。

美容師サイドのシャンプーのしやすさという点ではご自分では持ち上げてもらわないほうがシャンプーはしやすいです。

美容師が手で首を支えた時に首の重さがあったほうが手に隙間が出来ずらく、お湯をこぼさないようコントロールしやすくなるからです。

ですが持ち上げて頂いても全く出来なくなる程ではなく、お客様にも気を遣って上げてもらっている  となるとわざわざ「結構ですよ」とはならないです。

おおかたの美容師は持ち上げない方が洗いやすいので、もしこれを読まれたら力を抜いて寝るようにリラックスされたらいいかと思います。

髪を人に洗って貰うのは非日常的なことなので、少しでも楽しみにして貰えたらいいですね。

伊藤