聖地

代々木公園にあるバスケットコート。

15年ぐらい前にナイキから寄贈されたもので、不要になった靴を回収して加工し、素材として再利用するナイキのプログラムによって作られたらしいです。

無料で開放されていて、誰でも使うことができます。

どうやらここはストリートバスケの聖地となっているよう。

ロケーションも良くて、国籍・年齢問わず多くの人が集っていています。

更にその聖地らしさを醸しだしているのが「靴のなる木」

コートの上に被さるように茂っている木には何故かバスケットシューズらしい靴がたくさんぶら下がっています。

見た感じ下から投げて引っ掛けたよう。

僕の勝手な想像では、「負けたほうはバッシュ没収な」的なストリートバスケキッズならではの強気の賭けルール試合が行われてたのでは、と思いたくなってしまいます。

こんな聖地があるのも代々木公園の魅力の一つです。

伊藤