グッド グルーミング ガイド

BRUTUS 9月号は、グッド グルーミング ガイド。

大人の男性の身だしなみ 特集です。

髪パートの部分は理容/床屋よりですが、美容師的にも面白いです。

出だしのコラム「二週間に一度の身だしなみ」には、筆者のかたの子供の頃からの生活の一部となっている髪を切る習慣が語られていて、参考になります。

記事の結末

<髪を切ると、何か他の不必要なものも切ってもらえるような気がしてならない。

髪をきれいに整え床屋を出ると、僕はとびきり元気になっている。

誰に会おうとも気負いすることなく、また頑張るぞと、にっこり笑顔でつぶやく。>

 

松浦さん、素敵です。

そうなんです。不必要なもの、切ってるんです。

マメに短い髪型を保たれていたお客様が、似たかんじのことをおっしゃっていたのを思い出しました。

誰に会おうとも気負いされなくなったら、とても嬉しいことです。

 

新しいキメゼリフ、決まりました。

 

「何か不必要なものも切りましょうか」

 

 

イトウ