癖と共に

毎日ムシムシ暑いです。

梅雨からこの季節、髪が本当に決まりにくいです。

こんな季節にお勧めしているのが癖と共に生きる道。

やり方は簡単です。夜洗った髪が滴らないくらい乾いたらその生乾き髪に多めにワックスorオイルをまんべんなく付けて自然乾燥で就寝。朝髪がパサついていたりイマイチな部分を濡らしてまたワックスorオイルを付けて出来上がりです。

お勧めはプロダクトワックス。

これなら枕に付いたワックスが顔に付いても問題ないです。

もちろん朝濡らして普通のワックスでもOKですが、自然乾燥で会社到着時に髪が乾いている時間配分でやってください。

パーマをかけたことがある方はお判りかと思いますが、癖をパーマ風にスタイリングしてしまおうってことです。

ややウエットですがパーマほど強くなく癖がいい感じに動いてくれています。

髪の長さを選ばないので、休みの前の日にお試ししてからやってみてください。

 

しんさか

 

ロシアW杯

先日の日本代表が奇跡的な勝利でスタートしたサッカーワールドカップ。

私は非国民と罵られても受け流せるくらいに興味がないです。

そんな私でもこの時期はあらゆるテレビで流れているので、目にします。

思うのは最近のサッカー選手は日本も含め、皆さん男前ですね。

と同時に皆イケメンなのでダントツにイケメンな人もいない気がします。

そう思うと、日韓W杯のベッカムの男前ぶりは破格だったのではないでしょうか。

当時のベッカムヘアフィーバーもすごかったです。

若い子はみんなベッカムヘア=ソフトモヒカンにしてました。

お抱えスタイリストと一緒に来日している、とか1回のヘア代が50000円くらいで中田ヒデは12000円だとか伝説も多かったです。

それ以来髪型を変えるたび話題になっていました。

男前なんでどんな髪型も似合ってました。ただの坊主でさえ。。

はあ~、本当にかっこいいですね。

 

そして当時のベッカムヘアフィーバーのオチとして登場する彼。

大五郎カット。真似た男子は皆無だったとか。

明日の日本戦、勝つといいですね~。

 

しんさか

 

 

 

 

モンブランスタイル

久々に裏道を通ると、子供服屋さんだったところが新しいお店になってました。

「和栗や」さん

外観は蕎麦屋さんか寿司屋さん

なんですが、よーくメニューみると「モンブラン専門店」たる文字が。

谷中銀座にもあるお店のようです。谷中の方は行列必至らしいので、代々木公園は穴場かもしれません。

それにしても日本人って「専門」って言葉に弱い気がします。

漏れなく私もなので、専門のモンブランが食べたくて食べたくて我慢できず、今日の短ーい空き時間で行ってきました!

中も和風で落ち着いていて、綺麗です。

全てカウンター席です。

注文を受けてから作るスタイルなので、カウンター席から自分のモンブランが出来上がる様を観察できます。

丁寧に盛り付けられて、ご対面!

美味しいー!

当たり前ですが、超栗!!な美味しさです。

そうですよね、この外観、このカウンタースタイル、出来立てをいただけて、「専門」。

美味しくない訳ないですね!

店主の方曰く、栗は日本最古の木の実らしいです。

昔から近所にある栗の木とかは、生粋の日本栗らしいです。

日本人でよかった~~~!って思える栗に出会えるお店でした。

しんさか

 

 

もうすぐ梅雨

5月も後半になり、もうすぐ東京にも梅雨がやってきますね。

私は海に近い田舎育ちなので家族や近所の漁師のおじちゃんとかに自然天気予報を聞かされて育ちました。

子どもの頃なんで的中率はどうだったか覚えてませんが、皆んなテレビの天気予報より当たるって言っていたのを覚えます。

例えば

朝焼けが出ると雨、夕焼けは晴れ

カモメが地面を歩くと雨

飛行機曇が直ぐ消えると晴れ

星が良く見えると晴れ

山が近くに見えると雨

蜂や蝶を良く見かけると晴れ

草木の匂いが強いと雨

太陽に暈ができると雨

天気予報が気軽にみれなかった時代はこうやって五感を研ぎ澄ませて天気を感じていたんですね。

憂鬱になりがちな梅雨ですが、自然で天気予報してみると案外楽しいかもしれません。

私はそんな事しなくても、自分のアホ毛で分かるんですが、、、

しんさか

 

ご近所さん!

テオブロマのジェラート屋さんがあった場所に新しいお店が入るようです。

そう!キャメルバックがご近所にキタ〜〜〜!!

あの玉子サンドが気軽に食べられるなんて嬉しい過ぎます!

色んなサンドウィッチも気になってたのでこんなに近くにできるなんて幸せです。

キャメルバックさんのFBには               「春Open」って書いてありましたが、、、まだやってません。。

もうとっくに春ですよーーー!

 

しんさか