材料品質

バトリーではパーマやカラー等に使う薬剤はダメージが最小限に抑えれるものを常に選んでいます

髪は傷んでから治すことより、まず傷ませないこと。

例えば一般的なアルカリカラー。
伸びてプリン状態になっている髪の色を一色に直すカラーの場合、色味が抜けてただ明るくなってしまった既染部を根本の黒い部分を明るくさせるカラー剤と同じアルカリタイプのもので染めてしまうことはとても多い傾向です。ですがこれは更に髪を明るく脱色させダメージを増やします。
バトリーでは前回と同じような一色に直すカラー場合、既染部には明るくさせずに染色だけできるダメージのとても少ない微アルカリタイプの「ピグメント」というカラー剤を塗り分けて使っています。そのためにカラー剤のストック量を増やし、タイプの違うカラー剤を同時に使うコントロールテクニックを習得しています。

同じようにパーマであればよりダメージを抑えられ、より仕上がり感の良いパーマ液を選んでいます。

希望のデザインのヘアスタイルにする為にはどうしても少なからずダメージを伴うことがあります。その時にそのダメージを必要最低限なものに抑えれるよう、使用する材料の品質には常に気を使っています。