ROSTRO

もともとコーヒー豆屋さんだった「ROSTRO」

去年コーヒースタンドに生まれ変わって、ロストロ自家焙煎のコーヒーが飲めるようになりました。

ここ数年でこの辺にはコーヒー屋さんが激増しています。

どこのコーヒーも美味しくて、ここで働いている私には嬉しいかぎりなんですが、ロストロさんのコーヒーは他のコーヒー屋さんと一味違います。

コーヒーのメニューが無いんです。(店内喫茶のみ)

自分の好きな苦み酸味フレーバーを伝えると自分好みの1杯を入れてくれます!

残念ながら私は仕事中に買いに行ってしまうので、自分だけのコーヒーを味わったことがないです、、、が、行かれたお客様は皆さん口をそろえて「1番好きなコーヒー」とおっしゃいます。

そりゃ、自分好みにしてますもん~!味わってみたい~!

でも、持ち帰りのドリップコーヒーもライト、マイルド、へヴィと3種選べてとっても美味しいです。

そしてもう一つの人気メニューのモカソフト。

このために私は通っていると言っても過言じゃありません。

これがすごく美味しいんです。

置いてあるコーヒー豆を粉にしたものをぱら~っと振りかけるのがお勧めです。

コーヒーの味がしっかりしたモカソフト。

ここ以外の物は食べられなくなる美味しさです!

ドリップコーヒー片手にこのモカソフトのWコーヒー、最高です!

お時間あるときは店内で自分コーヒーを、時間が無い時はドリップコーヒーにモカソフト、おすすめです!

しんさか

 

TRICK OR TREAT

朝、自転車に乗っていたらビニールひもが張り巡らされたような、ちょっと異様な家が。

 

近づいたら

 

 

そう、ハロウィン。

僕にはあまり馴染みがないですが、もうかなりメジャーですね。

わりと本気の怖いテイスト。ちっちゃい子供はビビリそう。

たぶん今週末の日曜日がハロウィンのメインイベント日。

最近では美容室でも仮装をするところ増えてきていますが、うちは普段との温度差0でやっていますので宜しくお願いします。

イトウ

 

 

心を開放する

今月のブルータス

心を開放って大げさな気もしますが、確かに旅や本、音楽には人の気持ちを動かす力ありますね。

比較的本や音楽は手軽に楽しめますが、今の私には旅はなかなかハードルが高いのでこのブルータスを観るだけでオープンマインドされました。

旅って行くと決めたその瞬間から始まっている気がします。

私だったらお休みの取れる夏か年末なんですが、お休みのお知らせのお葉書を書くのも旅の準備の一つだったりします。

そのころからワクワクしています。

 

今日たまたまシャンプーブローをされに来られたお客様が明日から旅行に行かれるそうです。

素敵なところに泊まるので髪をオシャレにしておきたくて、との事。

髪のメンテナンスも旅の大切な準備の一つです。

さっぱりして扱いやすくはもちろんオシャレに、が重要だなと思いました。

その気持ちだけで心って開放されてるんじゃないかと思います。

オシャレに、カッコよく、可愛く、素敵に

そういう気持ちは人を自由にしますね!

明日から心を開放するカット、心がけたいと思います。

しんさか

 

白髪染め講習

先日、新しい白髪染めカラー剤の講習会に行ってきました。

講習会にいくと勉強熱心な若い美容師さんが多いのに感心させられます。

20代の時はカットやパーマ、カラーでもかなり明るくするカラーなどのちょっと派手めな技術ばかり追いかけやすいです。

白髪染めとか、僕が若手の時期にはあまり好奇心が持てなかったです。

講習会の席が斜め前の彼は「白髪を染めるぞ」ってのに自分の頭はボロボロになるまで頑張ったであろうホワイトブリーチヘア。

机に置いてある講習中の飲み物は「おいしい牛乳」紙パック。

白がお好きなよう。

そんな彼の生き様とは真逆の内容の勉強会にまで来る姿勢に、向上心の大事さを教えられた講習会でした。

 

イトウ

 

 

 

ZOO

10月1日は都民の日という事で、いつもは月曜お休みの上野動物園へ行きました。

なんと無料開放です。

有難い事に台風明けのお天気に恵まれてなかなかの動物園日和。

台風の影響で枝や葉がたくさん落ちていましたが、沢山の動物が観れました。

昔からなんですが、動物園と水族館の入り口を通過する時一瞬心拍が上がります。

わくわく感と同時に不安感と恐怖感に襲われます。

それは入口の一瞬だけで、後は忘れて超楽しむのですが子供の頃から毎回それは続きます。

何でだろう?と考えると、子供の頃の思い出に行き当たります。

子供の頃よく連れて行ってもらった動物園は宿泊施設もついていて、毎回行くと1泊はしていました。

そこでは夜になると動物たちの遠吠えが響き渡ります。どこか淋し気に聞こえる遠吠えに毎回怖くて良く寝られなかったのを覚えています。

子供ながらに檻に閉じ込められた動物たちの不憫さや、そこから抜け出してしまったら襲われるかもと言う恐怖で眠れぬ夜を過ごしていたんだと思います。

子供の頃の体験や記憶の影響力はすごいですね。

今ではその入り口で一瞬ギュットなるのも動物園の醍醐味になっていますが。

しんさか