開花宣言

昨日東京も開花宣言出ましたね!

暖かい日が続いて春らしくなってきました。

重いコートを脱ぐと、髪も軽くしたくなってきます。

さっぱりする方続出です。

髪が軽いとニットでも春らしいですね!

ちょっと明るく、ちょっと短く、いつものヘアに少し軽さの変化を出して、春ヘア楽しまれませんか?

新年度スタートにススメです!

新酒

花粉と髪

だいぶ暖かくなってきました。

春と共にやってくる、花粉。今年も多いと聞きます。

私は幸い1mmも花粉症ではないのですが、苦しんでらっしゃるお客様がたくさんいらっしゃるので少しでもお力になれればと花粉シーズンのヘア対策話をよくさせて頂いてます。

外出する限り花粉を避けることは不可能なので、部屋へ持ち込まない事が1番大切な対策です。

髪の長い方はお団子などのまとめ髪がいいです。なるべく髪と空気が触れる面積を小さくする髪型を意識されるといいと思います。

スタイリング剤はサラッとしたものがお勧めです。

トリートメントジェルやスプレー、ムースなどオイル系ではない物がベストです。

バトリーの商品だと 左)ニゼルブライトアップヴェール 右)ウクア などがお勧めです。

パーマヘアの方はケラチン入りのブローローションをいつものスタイリング剤代わりに使われるといいです。パリっとしますが粘度がゼロでパーマのウェーブが再現できます。

洗髪時のトリートメントもいつもより丁寧にを心がけ、乾燥による静電気を帯びさせないようにして下さい。

そして1番大切で有効なのが、玄関でのブラッシングです。

ブラッシングして髪に付いた花粉を落として、コートに付いた花粉を払って、そしてそのままお風呂に入れるとベストです。

 

と。。。なんだかんだ言ってますが、1mmも花粉症じゃない者のアドバイスなので説得力は皆無です。

が、少しでも実践してみようと思って頂けたら、是非今日から玄関にブラシをスタンバイさせてみてください。

身軽になってくる春、皆様にとって過ごしやすいものとなりますように。

 

しんさか

 

 

 

ヘアカット

久々に髪を切ってもらいました。

前回切ったのが産前なので2年ぶり。美容師として終わってます。

そりゃ刈り上げた髪が結べるロングヘアになるわけです。

せっかくなのでもう少しロングを楽しもうと、長さは残してレイヤーを入れてもらい整えました。

昔から髪が多くて膨張する癖があるのが悩みなのでロングでもついつい結わいてしまいダウンスタイルを楽しめないのですが。

なんて思ってたのですが、切ってくれた伊藤氏から

「薄くて梳くところがなかった」と衝撃の一言。

全く気づきませんでしたが来てました、加齢による薄毛。

私の母親がかなりの薄毛です。でも私の毛量から母の様になるとは思ってませんでしたが、40代にして大分近付いてしまったようです。

ショックだったのは自覚症状が無かったことです。

言われて初めて、結わいている髪の円周が以前より少ないことや日々の抜け毛の多さに気付きました。

そしてこの薄毛は老化現象の分かり易い1つに過ぎないと言うことにも。

もうこうなったら嘆いている暇はありません。

日々の食生活を改善して、なるべく体を動かし、じゅうぶんに睡眠をとる、

基本の生活改善を意識して行こうと思います。

部分痩せがないように、部分若返りもないと思います。

そんなこんなで私の2019年の目標は「美髪」に決定しました。

しんさか

 

 

 

花魁ファッション

久々に自分の時間ができて、行ってきました。

「花魁ファッション展」

「おいらん」はいくつかある花街の中でも吉原の遊女にしか使われてない俗名なので、展示も主に吉原の遊郭にまつわるものばかりでした。

日本最大の遊郭だった吉原はファッションでも先端をいっていたようです。

花魁さんは当時のファッションリーダー的存在だったのですね。

着物の着こなしから髪型やお化粧まで様々な変化を遂げてきた様子を現存する浮世絵で観ることができて興味深かったです。

当時は遊女が浮世絵のモデルとしてよく使われていたので、このころの文化は比較的詳しく残っているんですね。

やっぱり見てしまうのは髪型。日本髪の本当のルーツは中国女性の髷をまねた結髪ですが、そこから日本独自で変化を遂げていきます。

花街から流行した髪型は庶民達もこぞって真似たと言われています。庶民に結われた日本髪は、当時の女性の身分や年齢、既婚者かどうかとある程度のプロフィールが分かるように発展していきます。

日本髪って万能ですね~。

より華やかで豪華な髪型を生み出して行った遊女達の花街文化ですが、華やかさの裏に女性達の苦悩や遊女として生きていく覚悟があったからこその文化であることを忘れてはいけないなと思いました。

そんな闇があるからこそ華やかさが際立って、今でも色んな人を魅了しているんですね。

同じ女性として少しでも覚悟を見習いたく、明日からは当時の言葉を織り交ぜてカウンセリングしていきたいです!

「今日は鬢の部分どうします~?」

しんさか

 

 

癖と共に

毎日ムシムシ暑いです。

梅雨からこの季節、髪が本当に決まりにくいです。

こんな季節にお勧めしているのが癖と共に生きる道。

やり方は簡単です。夜洗った髪が滴らないくらい乾いたらその生乾き髪に多めにワックスorオイルをまんべんなく付けて自然乾燥で就寝。朝髪がパサついていたりイマイチな部分を濡らしてまたワックスorオイルを付けて出来上がりです。

お勧めはプロダクトワックス。

これなら枕に付いたワックスが顔に付いても問題ないです。

もちろん朝濡らして普通のワックスでもOKですが、自然乾燥で会社到着時に髪が乾いている時間配分でやってください。

パーマをかけたことがある方はお判りかと思いますが、癖をパーマ風にスタイリングしてしまおうってことです。

ややウエットですがパーマほど強くなく癖がいい感じに動いてくれています。

髪の長さを選ばないので、休みの前の日にお試ししてからやってみてください。

 

しんさか